Archive for 11月, 2011

中古住宅の魅力

Posted on 11月 25th, 2011 by タツミ  |  コメントは受け付けていません。

昔は中古住宅を購入することはあまりなかったのですが、今は中古住宅の購入も視野に入っている人が多いようです。
不景気の影響も確かにあるのでしょうが、中古住宅を購入することはメリットがあるのです。
築何年の中古住宅かによって違うのですが、中古住宅の値段だけを考えると無料である可能性も高くなります。
土地も一緒に買うことになるのですが、この土地に資産価値が残っているのです。
中古住宅が建っている土地には良い立地の場所もあります。
そういった面でもいい場合があります。
中古住宅を購入するときにはリフォームをすることがほとんどです。
中古住宅を取引するときは現状渡しなので、そのままの状態で受け取ることになります。
そのままの状態では住みたくない人がほとんどでしょう。
そのためリフォームをすることで過ごしやすい住宅に造り替えることができます。
新築とほぼ変わることのない住宅にすることができ、予算を少なくすることができるのです。
ただ中古住宅をリフォームするときには追加工事が発生することもよくあるので事前に調査をしっかりしておくことが大切です。
工事内容など詳しいことをしっかり説明してくれるリフォーム業者を選ぶようにしましょう。
大分の不動産屋で中古住宅を購入した友人もリフォームをしていました。
住宅の外観も新築みたいになっていて、これがリフォームの力なのかと感心しました。
友人の希望通りの部屋も造ってもらっていて、完全に趣味の部屋になっていました。
新築だけではなく中古住宅も考えてみるようにしましょう。

土地の取引

Posted on 11月 5th, 2011 by タツミ  |  コメントは受け付けていません。

土地を個人で取引をしようとしたときには、問題が起こったりする可能性が不動産業者を介して取引を行った場合に比べて、高いといえるでしょう。
個人で取引をする場合には、法律の問題や契約の手続きなどを自分で対応していかなければいけないためです。もし、なにかあったとしたら対応できるように自分の知識を高めておくといいといえるでしょう。どのような問題がおこったりするのでしょうか。
例えば所有権移転登記というものがあります。所有権移転登記というのは、その土地の所有者が誰なのかを表すために、取引を行った際に相手方にその所有権を移転するための手続きのことをいいます。これが土地取引のときにしっかりと行われればいいのですが、後回しになってしまうことがあります。代金の支払い時に所有権移転登記をしてもらうようにしておかなければいけません。
後回しになってしまうと、購入した土地が自分のものであるという証明ができません。
土地が自分のものであるという証明ができなければ、その土地が他の人に売られてしまったときなどに困ることになります。その際には売主に対して賠償請求をすることもできるのですが、売主が悪意を持っていた場合には、賠償をしてもらうことは難しいのではないでしょうか。このようなことをできる限り防ぐためにも不動産業者を介しての取引にしたほうが安全ではないのでしょうか。個人での取引をするときには、自分のことを守れるようにしておきましょう。