Archive for 1月, 2013

注目の街と人気不動産

Posted on 1月 30th, 2013 by タツミ  |  コメントは受け付けていません。

  東京都内はタワー型高層マンションがトレンドとなったことで、不動産流通は不景気の影響はそれほど受けていないのか活性しています。
 今やひと昔前のように都心のドーナツ化現象という社会問題はなく、都心回帰に拍車がかかっています。
 山手線や地下鉄、各私鉄と非常に細かく広がる交通網によって、東京都内の随所にこれら交通機関を使うことで移動が容易にできる点は大きいです。また再開発エリアが各所にあり、渋谷や新宿に限らない生活娯楽スポットは、飽きることなく人を惹きつけます。
 再開発が進んでいるエリアとして大崎駅周辺は、不動産の新たな拠点として注目を浴びています。品川区の不動産の流通は年々伸びる一方で、この大崎駅には駅直結を売りにしたタワー型高層マンションがぞくぞくと登場してきています。大崎駅は山手線ですが、埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線と乗り入れ路線が複数あることも注目すべき点です。開発が進んだことで大規模マンションが飛ぶように売れて成功した有明や田町、勝どきなどの臨海エリアでの新築分譲マンションの相場に比べると、価格帯が低く設定されていることも今が狙い目とする理由です。
 経済情勢の不安定とは無関係に、東京の不動産流通はとどまるところを知りません。建設予定や分譲中の未竣工マンションは後を絶たない状況にあります。
 耐震精度や建築技術の向上によって、よりクオリティの高い最新型マンションを提供できるようになったからこそ、都心に住むことを選ぶ人が回帰してきた要因となったのでしょう。