Archive for 1月, 2016

階段下を上手に活用しよう

Posted on 1月 6th, 2016 by タツミ  |  コメントは受け付けていません。

住宅の中のデッドスペースというと一番に思いつくのが階段下ではないでしょうか。この階段下のデッドスペースを上手に活用させることで暮らしが豊かになり、住宅への満足度も大きく変わってくるのです。階段下の活用法で一番多いのが収納です。私が以前住んでいた住宅の階段下の活用法は収納でした。掃除道具や日用品を収納するスペースとして重宝していたのですが、奥に行くほど天井が低く、また奥行もあったため使いにくさも感じていました。
そこで新築住宅には階段下を収納スペースにするのではなく、トイレを設けました。便器を設置している部分の天井は通常より低く、特殊な形状をしているのですが、用を足すには全く支障なく、それほど狭さや圧迫感は感じません。廻り階段の階段下を上手に活用できたと思っています。また上りはじめからホール部分までの階段下はトイレの収納スペースをして確保しました。トイレットペーパーを十分に収納でき、その他サニタリー用品などトイレ関連用品をきちんと収納できることで非常に満足しています。
友人宅は階段下に旦那さんの書斎スペースを設けていました。リビング内に階段の入り口があるため、リビングにいる家族との繋がりを感じながら、自分の時間を大事にすることもできる書斎スペースとなっていました。シーンによって建具で仕切ることもできるようになっていました。このように居住スペースの一部として活用するのもいいのではないでしょうか。デッドスペースを無駄にせずに空間を上手に活用させ満足度の高い家を目指しましょう。