Archive for 6月, 2018

回遊型リビング収納

Posted on 6月 11th, 2018 by タツミ  |  コメントは受け付けていません。

我が家はテレビボードを設置している後ろの壁を利用してリビング収納を設けました。両サイドから行き来ができるように動線を確保しているため、物の出し入れが効率よく行え、行き止まりがないのでスムーズに移動が行えます。あえて扉を設けませんでした。物を抱えていると扉の開閉の際にわざわざ荷物を床に置かなければいけません。扉の開け閉めというワンアクションがなくなることで効率よく移動ができ、物の出し入れもしやすくなります。
床から天井いっぱいに広がる壁には大きな棚を造り付け、収納する物に合わせて棚の高さを調整できるようにしています。リビングから見えない収納スペースなので目に触れられたくない日用品もしっかりと収納できています。大きさのある扇風機やヒーターなどの電化製品から薬箱や爪切り、電池のストックなど小物までここ一か所で整理することができています。
また、リビングに散らかりやすい子ども達のおもちゃや幼稚園グッツなど自分達で出し入れできる位置に整理しています。リビングという過ごしなれた空間に物を出し入れしやすい収納スペースを設けたことで、自分の物は自分で管理する習慣が身に付き、また家族みんなで物を共有しやすくもなっています。一部分にはハンガーパイプを設けコートクロークとして利用しています。ランドセルやカバンなど散らかりやすいものもきちんと整理でき、リビングに物が散らかりにくくなっています。リビングこそ収納を充実させ、最高の家族団らんの場とするだけでなく、お客様を迎え入れることができる空間を保ちたいものです。