建売住宅

私の周りには新築住宅を購入した友人が非常に増えてきました。その中でも建売住宅を購入した人もいます。建売住宅のメリット・デメリットについて聞いてみました。建売住宅の魅力は何と言っても価格の安さです。建売住宅は、規格化された住宅が多いため建築コストを安く抑えることができます。また資材においても大量購入することで価格を抑えられるのです。また開発地などが多いため、土地代も安く設定されていることが多いのです。同じ条件の土地に注文住宅で建てると、土地の仲介手数料など余計な費用がかかるため2~3割のコストアップが強いられてしまいます。

また土地を探すという手間が省けるのも嬉しいものです。販売価格は建物と土地の価格が含まれています。明確な予算を知ることができ、予算化しやすいのも家造りを前向きに考えられることができるのです。また建売住宅はすでに完成している住宅が多く、実際に建物を見学できるのも魅力の一つです。実際に目で見ることで間取りや設備を把握でき、そこで生活をイメージしやすくなります。

これらの魅力がある一方で、デメリットもあります。希望に沿った間取りがなかなか見つからないということも多いです。建売住宅の多くが、大人2人・子ども2人の4人家族を想定して建てられています。若干の間取りの違いはありますが、ほとんどが同じような間取りです。間取りや設置されている設備、デザインにおいて自由度がないというのが最大のデメリットです。そして建築段階を見学できないことが多いので、使用されている木材や断熱材をどのようなものを利用したかが確認できないのです。メリット・デメリットをしっかりと知り建売住宅を購入するかどうかを決めましょう。

Tags:

Comments are closed.