リビング学習

子ども達が勉強する場所は、二階に設けた子ども部屋ではなく、家族が近くにいるリビングやダイニングです。これをリビング学習と呼ぶのですが、このリビング学習の方が二階で一人で勉強するよりも学力を向上しているというのです。そのため最近では立派な学習机を買うよりも、リビングやダイニングにスタディコーナーを設ける方が人気となっています。

このスタディコーナーがないと、食事をするダイニングテーブルで勉強したり、リビングのローテーブルで行うようになります。食事をするダイニングテーブルで勉強をすると食事の度に勉強道具を片付けなくてはいけませんし、食事をする場所に消しゴムのカスが散らかるのは衛生的によくありません。またリビングのローテーブルでは自分の身長に合わず、視線を悪くしたり、勉強への集中力も下がってしまいます。

そこで子どもが勉強しやすい環境をしっかりと整えるべくスタディコーナーを設けるのです。我が家はダイニングの窓際にスタディコーナーを設けました。自然の明るさを採りこみながら勉強ができるので集中力も高まります。また子ども達が二人並んで勉強がしやすいようにカウンターの幅は広めにしました。奥行も確保して、教材を並べてもゆったりと勉強できるようにしたのです。これなら親子で並んで宿題のチェックもしやすいです。

このカウンターの下にはオープン棚を設けました。ランドセルや勉強道具を一時置きすることができます。子ども達が勉強をしない時は私がパソコンをするスペースとして利用しています。スタディコーナーを設けて子ども達の学力を伸ばしましょう。

Tags:

Comments are closed.