空間を自由にアレンジしよう

空間をその時々でピッタリの空間にすることで、住まいの居心地は高まりますし、より空間を有効的に活用できるようになります。ライフスタイルに合わせて間取りを簡単に変更できる家造りをしてみるのもいいのではないでしょうか。住宅の中で一番空間に変化が求められるのが子ども部屋です。子どもの成長に合わせて求められる空間のあり方は変わってきます。

そこで我が家は子ども部屋に可動間仕切り収納を取り入れました。幼少期は、二つの部屋に区切りを設けずに、親子で寝るスペースと子どもが遊ぶスペースという風に緩やかに分けるのです。広々と遊べる空間があることでお友達が遊びに来た時も活躍します。
小学生頃になると学習机を並べて勉強をするスペースと寝るスペースとして空間を分けます。間仕切りを低くしてのびのびと開放的に空間を利用するのです。

高校生頃になりそれぞれの個室を必要とし始めたら、2段積みにした間仕切り収納で部屋を完全に区切ってしまうのです。ワンルームが将来的に二つの空間になることを想定して、出入りするドアや窓、照明にコンセントなど予め二部屋分設けておくのです。そうすると大掛かりなリフォームを要さずに、可動間仕切り収納で空間を自由にアレンジできるのです。

子ども達が成長するといずれ巣立っていきます。そうすると二つの個室が必要なくなります。可動間仕切り収納を移動させワンルームに戻すこともできますし、部屋の広さをアレンジして収納スペースと趣味部屋という風に利用させるのもいいでしょう。臨機応変に対応できる空間造りを目指すと住まいの快適性も変わってくると思います。

Tags:

Comments are closed.