キッチンスタイル

家事を行う主婦にとってキッチンは住宅の中で非常に重要な空間といえます。このキッチンには様々なスタイルがあるので、自分に合ったキッチンスタイルを取り入れることで、家事をより楽しみながら行う、キッチンの居心地の良さもますのです。

我が家はセミオープンキッチンにしました。最近ではフルオープンキッチンが人気で、LDKの一体化を高め家族の繋がりを大事にできる空間造りが人気なのです。LDKの中心にキッチンがあるという住まいも多いです。キッチンからフラットに伸びるカウンターを設け、子ども達もお手伝いやしやすい環境にすることで、キッチンは親子のコミュニケーションの場の一つにもなるのです。

我が家はキッチンの前に腰壁を設けて、気になる手元部分をしっかりと隠せるようにしたのです。腰壁なのでLDKの一体感を損なうこともありません。吊り戸棚がないことでスッキリとリビングやダイニングとの繋がりを大事にできますし、コンロ部分は壁にせず、耐熱用のガラス張りにしたことで開放感があります。

この腰壁を設けたことで、ニッチを2ヶ所設けることができました。一つはキッチン側に調味料入れのニッチを設けました。作業スペースに並べていた日々使用する調味料をこのニッチ内に整理できることで、作業スペースが広々となり調理がしやすくなりました。そしてダイニング側にはマガジンラックのニッチを設けました。新聞や雑誌など散らかりがちなこれらを片づけられるニッチも重宝しています。

またこの腰壁にカウンターを造り付けました。お茶をしたり、パソコンをしたりちょっとした時に使えるカウンターがあると便利です。我が家はこのキッチンスタイルにして非常に満足しています。キッチンに立つ時間が楽しいです。

Tags:

Comments are closed.