横一直線の家事動線

家事は365日休みがありません。休みのない家事を効率よく行えるようにするには家事動線に注目すればいいのです。家事動線を短く、コンパクトにすることで家事の効率が高まり、家事の時短を実現できるのです。

家事の中心はキッチンです。我が家はまずこのキッチンの右隣にダイニングを設置しました。キッチンとダイニングを真横に配置することで一日三度ある食事の支度が楽になります。配膳や食後のお皿下げなどの動線が短く、効率よく動くことができます。また、家族にとってもキッチンという空間が身近に感じられ積極的にキッチンへ足を運び、配膳やお皿下げのお手伝いをしてくれるようになるのです。

そして向かって左側には通路を挟んで洗面室を設けています。キッチンと洗面室は家事を行う上で何度も行き来をします。この二つの空間の動線も短くしておくといいのです。なぜならキッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行うことが多いからです。同時に2種類の家事を行う二つの空間だけに動線を短くすることで家事効率が高まります。

そして、洗面室の先には洗濯物干し場を設けています。洗う→干すの移動がほとんどなく行えています。洗濯物干し場と洗面室、キッチン、ダイニングと横一直線の家事動線を設け、家事動線をコンパクトにしたことで家事の時短を実現できています。

Tags:

Comments are closed.